天外魔境Ⅱ

ここは遅咲きジャニヲタsanopiのきもち

フェアリー男子の恐ろしさたるや



それは瀬戸康史


瀬戸康史には、あたしが中学生のときに一度ハマりました。


堀北真希主演の「アタシんちの男子」を観ていて、引きこもりで小生意気な役の瀬戸康史を見つけて中学生ながらもかわいいなと思って釘付けでした。(きっと今観ても、あの頃の瀬戸康史にはときめかないかも。髪型が苦手だ。)


時が経って瀬戸康史のことをすっかり忘れてた頃に、たしか久しぶりに「マザーゲーム」で保育園の先生役で出演していた彼を見つける。大人っぽくなったなあ、それだけで終わったけど。




それで先週、「できしな」こと「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」を観ました。


たまたま観たドラマ。たまたま瀬戸康史が出ていた。





なんだこの女心をくすぐる可愛い系男子は。








今週の金曜日がやってくる前に、記事にしなければと思い、書くことにしました。






「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」


藤木直人中谷美紀が主演のラブコメドラマです。



面白かった。久しぶりに面白かった。



中谷美紀の高飛車な感じもすごくいい。

藤木直人ホタルノヒカリと同じような毒舌な感じもすごくいい。



そして、瀬戸康史扮するフェアリー男子がものすごくいい。



顔がベビーフェイスだし、あの若々しいフットワークが軽そうな男子学生みたいなノリも緑のウィンドブレーカーも似合ってる。



彼は、中谷美紀演じる結婚できない女•みやびが勤める美容皮膚科クリニックにランチ配達のために出入りするカフェ店員。マウンテンバイクで東京の街を颯爽と駆け抜けるシーンは今風の若者って感じで爽やかでした。



「いろいろ相談乗りますよ、どうします?(余裕の笑み)」←意外と低音ボイス


f:id:jumpeanuts:20160420095737j:image


こんな感じでみやびに頬杖ついて近付くフェアリー男子がものすごくよかった。「……近い」と大人女子を黙らせてしまうあたり、むしろフェアリー男子ではなく、小悪魔男子かと。



後日、みやびは学生時代すきだった男性(チュートリアルの徳井が演じる)と再会し、お食事もするんだけど上手くいかず、ショックを受けるみやび。


次の日、美容皮膚科クリニックでいつものようにフェアリー男子がランチ配達にくる。歳もとり、恋もうまくいかないみやび。

「今日は私が払うよ」

みやびはクリニックの後輩たちにそう言う。(どうやら前払い制などではなく、配達に来るたびにランチ代はお支払いしているようだ)

「え〜先輩うれし〜!」「ありがとうございます」「なにかいいことあったのかな?」

後輩たちの言葉をよそに、ひとり部屋で落ち込むようなみやび。


するとフェアリー男子が「みやびさん、領収書」と顔を出す。






このフェアリー男子めが、なにを感じたのか、急にみやびを抱きしめるんです!!!!!!!





f:id:jumpeanuts:20160420102429j:image


「元気だして」


抱きしめながら肩をポン、ポン、と撫でるフェアリー男子。驚くみやびも満更ではなさそう。


みやびが領収書を握る手で抱きしめ返そうとした瞬間、フェアリー男子はみやびから離れる。(このときの描写があたしにはよくわからなかった。みやびが抱きしめ返そうとしたから離れたのか、それとも彼がハッと我に返り離れたのか)


f:id:jumpeanuts:20160420102832j:image
ハッと離れるフェアリー男子


f:id:jumpeanuts:20160420102846j:image
みやびの様子を伺うフェアリー男子



このあとなにもなかったかのように(でも彼もオドオドしながら)


「どーもで〜す(笑)」


って言ってペコッとして去っていく。なにがどーもで〜すやねん!軽いわ!と思いつつも、摑みどころがない!かわいい!の矛盾した気持ち!どきどき!


みやびはそのあと領収書をクッシャクシャに握りしめ、男なら誰でもいいとつい思ってしまった自分に怒りを感じた模様。


藤木直人演じる十倉誠司が営む飲食店にズカズカと駆け込み、「なんでよ!誰でもいいって思ったのよ!このあたしが!誰でもいいなんてとんでもない!このあたしに相応しい人はいい仕事してて!外見も中身もよくて!心の底から誇れる尊敬できる人で!そう決めてたの!」とわめくみやび。


このシーンがすごくよかった。中谷美紀の演技力がたのしかった。シリアスな台詞なのに、これをイライラする40代の女性の心の叫び、てな感じでコミカルに表現できているのもよかった。でも仕方ないよ、若い男(しかも容姿完璧)にあんなことされたら心は乱れるし、年増じゃなくてもコロッといくだろうからね。





そしてここから十倉誠司のスパルタ恋愛術が始まる。




彼氏をつくるまでの踏み台となる仮氏をつくれ、と伝授するのもわくわくした。

ふつうならあり得ないし、邪道すぎるし、まず知り合いがそんなことしていたら「性悪かよ!」と敬遠してしまうが、ドラマ内だからやっても許されることで、まあここまで大袈裟なことをしないとドラマとしても成立しないわけでして。







瀬戸康史も日々進化している。観ない間に、色気が増している。大人になったからなんだろうけど、きっと瀬戸康史にはああいう役が合ってるんだと思う。「アタシんちの男子」出演のときにも感じたが、彼はラブコメの、メインではない男の子という役がほんとうに合ってるのだと思う。というか、あたしがそういう役の男の子をすきなだけか?とにかく、たまたま観た「できしな」に、たまたま出ていた瀬戸康史扮するフェアリー男子に心を突かれた。



瀬戸康史をあのドラマに配役させることで、キャストの年齢層もすこし低くなり、瀬戸康史目当てにドラマを観る女の子も増えると思う。上の世代の方々も無垢で若いあの役の彼にときめくこと間違いなし。ああいう役は新鮮だしね。正解だ。



(ちなみに言うと、あたしは「オトナ女子」に出ていた吉沢亮もすきだ。浦上晟周と、染谷将太もすきだ。)





今週の金曜日の夜も待ち遠しい。はやくきてくれ、華の金曜日。