天外魔境Ⅱ

ここは遅咲きジャニヲタsanopiのきもち

ツアー発表ありがとう〜sanopiのFC入会時備忘録と共に〜





〜ATMでのFC会員振り込み入金の際は、長蛇の列・冷たい視線・羞恥心を一度に背負い、SECOMと警察官には気を付けよう〜






おめでたいことに2016年のJUMPツアーが決まりましたね。なので、JUMP FC入会時のsanopiの日誌備忘録をつけたいと思います。









2016年3月某日。


わたくしは遂に思い立ったのである。




JUMPing CARnivalを購入し、さよならセンセーション初回盤と通常盤を購入し、真剣SUNSHINEを初回盤二枚と通常盤を予約した今、すべきことはただひとつ。





Hey! Say! JUMPのFC会員になること!





しかし様々な難関があった。







〜難関其の壱
悪魔の婚姻届(振込用紙記入)〜

いわば、振込用紙記入のうえでの失敗。あたしは脳内が腐ってるのかと思われるほどに幾度となく失敗した。




あらかじめ、Johnny's netにてFC会員登録方法を確認する。「青い振込用紙に記入して……」とのこと。郵便局でもらえるらしい。

この関門をクリアした愛すべきジャニヲタたちのアドヴァイス。(勝手に引用してごめんなさい)







ありがとうございます。おもしろすぎてたのしく読ませていただきました。やっぱりジャニヲタってたのしいと改めて実感できた。それがなによりだね。



さて、失敗したときのために振込用紙を多めに持って帰れとのこと。とりあえず3枚もらって帰る。



さあ、おっぱじめるぞ!と言わんばかりに記入前に気合いを入れる。間違えるな、これは婚姻届だ。これは伊野尾慧とあたしの婚姻届なのだ。間違えてもいいけど、3回まで。だって郵便局に再度出向くのはめんどくさいからね。


あたしは上記のジャニヲタ様のサイトを参考にさせていただきながら、血眼に震える手で記入していた。血眼で婚姻届を記入する女なんて、あたしならぜったいにいや。



さっそく間違えた。番号をそのまま左詰めにしてしまった。右詰めだった。アーメン。



さあ、もう一度やり直そう。3枚持って帰ってきたのであと2回はやり直しが利く。「さのぴさぁ〜、すぐ間違えるよね。もう間違えないでよ〜」とぶつぶつ言う伊野尾ちゃんが脳裏をよぎる。い、伊野尾ちゃん、、、ごめん、、、そうだよね、もっと緊張感を持つよ。はやく書いてはやく挙式計画を立てようぜ。

よし、書く。順調に書きはじめる。おお、いい感じ。間違えてないぞ。



ん?通信欄に入会希望ファンクラブのグループ名入会希望ファンクラブのなかで最もすきなタレント1人に加えて、住所氏名生年月日電話番号も書かなきゃいけないんですか、この限られた枠に?んー、狭くない?でもこれは婚姻届、お互いの名前は書かなければいけないものね。はいはい書きますよ書けばいいんでしょう、、、







無理じゃね?





失敗しました。収まりきりませんでした。

「あ〜あ、ほんと真面目に書いてる?おれ書くよ?」

ごめんね伊野尾くん、、、、、きらいにならないでェ、、、、


ということで、三度目の正直。書きはじめたらソッコー間違えた。


Hey! Say! JUMPOと記入してしまった。

なんだよ、JUMPOって。ヘイセイジャンポ。


もうまじで無理だろ?これ?いきなり難関すぎる。伊野尾くん無理です、、、、「てか、おれと結婚する気ないっしょ?」ごめん伊野尾くん、、、ふてくされた顔してため息なんてつかないで、、、、、。

そう、あたしは早急に婚姻届を提出しなければいけないのだ。挙式(コンサート)に参加できないなんていやだ。すこしでも可能性を上げないと。



翌日、あたしは改めて郵便局に向かい、10枚ほど振込用紙を持って帰ってきた。

案の定、何度か失敗はしたけれど、もらってきた10枚以内でようやく無事にすべて埋めることができた。できたよ、伊野尾くん、、、、(ゼェハァ)




〜難関其の弐
厳しい親へのカミングアウト〜

これがあたしのなかでの最も大きなミッションだ。


カウコン記事でも書いたように、もう大学生4年目だというのにあたしの親はかなり厳しい。ジャニーズがすきだなんて言えば、引かれるに決まっている。Hey! Say! JUMPのFC会員になるなんて言ったら、ひょっとすると入らせてもらえないかもしれない。それでもあたしは強制突破するけど。だって自分で入会金+会費は支払うんだし。


カウコンの際に「友だちに誘われたから(嘘)、Hey! Say! JUMPのカウントダウン行ってくる」と告げると、「なんで?友だちって誰?Hey! Say! JUMPってどんなグループかわからん、みんな一緒に見える」と言われた。「高校時代のAちゃん。Hey! Say! JUMPって山田涼介のいるグループ」って言うと首を傾げていた。年齢層よ、、、いや年齢層うんぬんではない、親がジャニーズに疎すぎるの!

とにかくこんな感じなので、Hey! Say! JUMPのFC会員になりますなんて言えば貶されるに決まっている、もしくは家を追い出されるかもしれない、最悪の場合は血の祭り。さて、どのようにカミングアウトしようものか。


どのタイミングを見計らっても無理だった。自室の卓上に振込用紙をわざと置いていてもなにも言われなかった。バイト先の嵐ファンのかわいいママさんに相談もしたが、答えは見つからなかった。




よし、スルーしよう。




ということで、もう無理だったので血祭り覚悟でこの難関は勝手に突破した。このままタイミングを見計らってばかりでは日が暮れてしまう。JUMPがツアー発表をしてしまうと登録が混み合うだろうし、チケット申し込みに間に合わなかったらあたしはその馬鹿みたいな見計らいの時間を一生恨むことになるだろうから。



〜難関其の参
キミアトラクションのような長蛇の列に冷たい視線、ATM故障からのSECOMと警察官がこんにちは〜


恥ずかしすぎた。穴という穴が爆発して死ぬかと思った。




Twitterでつぶやくとプチ反響がありました。周りからsanopiってかなりアホで奇抜な子だと言われているのですが、今回もやらかしてくれたなsanopiは、と。ハプニングだいすき。



なにがあったかと言うと、それは2016年4月2日の土曜日。


バイトに向かう前のお昼だった。


今日は血眼で書き上げた婚姻届を郵便局に提出しにいくぞと向かったのだけど、定休日だった。土曜日だからね。想定外だったけど、ATMでできるのね。振込用紙入れれるんだこれ?初めて使うマシーンだぜ。いえい。


青い婚姻届を入れる。吸い込まれていく婚姻届。

【お振り込み金額を押してください】

あたしは振込金額を5000と押す。

【お振り込み金額は税込5080円です。お振り込み金額をお入れください】

壱万円一枚と五十円一枚、十円三枚を入れる。さあ、これで俗に言う「とびっこ」まっしぐらだ。

後ろに列ができてきたから、はやく退散しないと。ATMが2機しかないから仕方ないよね、これだならローカル郵便局は。


あれれ

なかなか五千円(お釣り)が出てこないんだが。


すると

ATMの液晶画面が緑に。取扱中止のランプ点灯。


【備え付けの受話器でコールセンターに連絡してください】の赤文字。



やっべえ。どうやら故障してしまったようだ。なんてこったい。どうしよう。と、とりあえず備え付けの電話でコールセンターにお電話だ。背後の視線が痛い。でもあたしだってバイト行かなきゃいけないんだよお、間に合わねえよお!


コールセンターのお姉さん「はい、ゆうちょ銀行ATMコーナーです。お振込用紙をお入れしたんですね?お名前は?お振り込み先はどちらですか?お振り込み額はおいくらですか?現金でお支払いしましたか?おいくらお入れしましたか?」


あたし「あのー!振込用紙入れたんですけどお釣りが出てこなくって!〇〇(名前)です!5080円です!」


コールセンターのお姉さん「お振り込み先はどちらですか?」


あたし「現金で払いました」


コールセンターのお姉さん「お振り込み先はどちらですか?」


あたし「壱万円一枚、五十円一枚、十円三枚入れました」


コールセンターのお姉さん「お振り込み先はどちらですか?」



これ以上無理だと思った。しつこいな。言うか。言わねば。ぜったい言いたくないんだけど。


あたし「……です」

背後には長蛇の列。

コールセンターのお姉さん「はい?」


あたし「……事務所です」

視線が痛い。

コールセンターのお姉さん「もう一度お願いします」


あたしジャニーズ事務所です!!!!!Hey! Say! JUMPのファンクラブ入ります!!!!!!」



隣のATMで取引してる男性も驚いてこちらを覗いてくる。視線が痛い。背後の視線も痛い。あたしも痛い。ものすごく痛い。


コールセンターのお姉さん「……」


あん?引いてんのか?言わせといて?いやいやいやいやなにか言ってください、沈黙こわい。


コールセンターのお姉さん「……はい、それでは確認します」


あたし「ああ、、、、」



もうたまんない。視線が痛いよ。ジャニーズ、しかもHey! Say! JUMPのファンクラブに入るんだ〜あの子〜、てな視線でみられているよ。うらやましいか?入会すると定期的に会報が届くし、誕生日にはイケメン9人のお祝いコメントが入った動画が配信されるんだ。しかも、チケット当選率が高くなるって知ってた?9人に会えるんだよ、うらやましい?若いっていいよ、ジャニヲタっていいよ、あなたも入ってみない?たのしいときもさみしいときも彼氏なんて要らない、好きな人も要らない、ましてや恋なんてしない、自担だけで最&高。





コールセンターのお姉さん「確認したところ、その払い込みは受け付けられていないようです。機械を開けて現金を取り出す必要がございまして……」


本人確認書類があるかどうか、いまから言う番号を覚えること、SECOMが駆けつけるので本人確認書類とその番号を告げること、なおSECOMが現場に到着するまでは40分ほどかかるとのこと。


40分?バイト遅刻するんですけど?


あたしは故障したATMと長蛇の列を離れる。ここ故障しちゃいました、、、、申し訳なさそうな感じで郵便局の外に出る。40分もここで待たなきゃいけないとは。長蛇の列はみんな怪訝な顔をしている。ごめんなさいね、でもあたしだって原因はわからんよ。


とりあえずバイト先に一報。

「郵便局のATMを故障させてしまいSECOMを待たねばならんので今日は、バイト休みます」

「休む?!」

「じゃあ遅れます」



SECOMはやく来い、いや来てください。長蛇の列にいたみなさまが郵便局の外に出てくるたびに、ああこの子(苦笑)というような表情であたしを見てくる。郵便局の外で待っていると警察官があたしの前を通る。ATM前で放心状態のあたしを不審に思ったのか、警察官がやってくる。


警察官「何してんの?」

あたし「ATM故障したのでSECOMさん待ってます」

警察官「故障させちゃったん?」

なんでそんなあたしが悪いみたいに言うんですか、お巡りさんよぉ。

あたしHey! Say! JUMPのファンクラブに振り込んだら拒否られました」

警察官「(笑)」

まじなにわらってんですか?ジャニヲタがそんなにおかしいか?

警察官「山田くんか?(ニヤニヤ)」

あたし「ちがいます、誰だと思いますか」

警察官「おじちゃんもそない詳しないからなあ、、、ヒルナンデスのやつか!歯ガタガタのやつか!」

ちょっと、、もっと言い方あるでしょうよ、、八乙女くんに謝りなさいよ、、まじで、、。何でも着こなすフラットなフェイスだぞ、、、。


あたし「いやちがいますねぇ、、伊野尾慧担当です」

警察官「ん?」

あたし「伊野尾慧です」

警察官「知らんなあ、、、、」

知らんのかい!(笑)



SECOMが来て、本人確認書類(免許証)を確認され、コールセンターから伝えられた番号も告げて、ようやくお釣りが返ってきた。五千円大切だからね。SECOMのおじいちゃん、ありがとう。お巡りさんのおじさんは、もうすこしHey! Say! JUMPについて学んでください。




トロトロとバイト先に向かうと、めっちゃ笑われた。あたしは平謝りしたけど。ジャニヲタの多い職場だから、嵐ファンのママさんもジャニスト大すきな女子大生も、たのしそうに話を聞いてくれた。ジャニヲタどもめ、、、と男子大学生は呆れてた。





さて、これでまともに就活とも向き合える。就活もがんばれる。ツアー発表もされたし、ほんとうにうれしい。あたしの生きる糧だよ。




これから約数週間後(遅ければ半年という方も、、、)に自宅に会員証も届くはず。もう届けば祭り。両親にバレたらまずは雷でしょうけどね、でも両親に無断でFC会員登録できる年齢でよかったよ、、、。



しばらくポスト警備は任せましたよ。