天外魔境Ⅱ

ここは遅咲きジャニヲタsanopiのきもち

64-ロクヨン- 前編



f:id:jumpeanuts:20160511235433j:image
「犯人は、まだ昭和にいる」







先日、映画「64-ロクヨン- 前編」を映画館で観てきました。




ひとりで就活帰りにスーツのまま鑑賞してきました。ひとり映画はぜんぜん平気なのですが、周りがなぜかおばあちゃんおじいちゃんが多くてアウェイ感を感じた。周りがカップルだらけよりかは、ましだけれども。


刑事ものは、「つまらない」という固定観念からか得意ではありませんが、こういうサスペンスミステリーみたいな映画はすき。ミステリーと言っていいのかわからないけれど。






さてさて、「64-ロクヨン- 前編」。
横山秀夫さん原作の「64(ロクヨン)」が映画化されたみたいだけど、あたしは原作を読まずに映画を観ました。やっぱりあらかじめ原作を読んでから行ったほうが、頭に入ってきやすいかも。まず、役者多いんだから、みんなの役の名前なんていちいち覚えられねーよ!と思った。あらかじめちゃんと全体的なストーリーを掴んで観たいという方は、原作は読まなくても映画公式サイトで相関図などをチェックしておいたほうがいいかもしれません。

















あらすじとしては、昭和64年に起こった未解決少女誘拐殺人事件を中心に展開する、主に警務や調査班の話なんです。それを解決するべく警察官たち(警務部だけでなく広報部や記者クラブの人々)が動くんだけど、警察の捜査隠蔽疑惑といったり、警察の裏側というか悪というかそういう部分が見えちゃったり、すごく辛気くさいってわけではないんですけど、全体的には結構暗い映画です。未解決少女誘拐殺人事件によって、その家庭が崩壊したり、その事件捜査に関わった人々の心の闇などをうまく描いています。人間って生々しくって黒いなあと思います。ちなみに、フィクションですとテロップは入っていましたが、元となる類似事件は過去にあったそうです。過去に群馬県で発生した事件との共通点がとにかく多く、それじゃないかって言われてるみたい。


…………



あらすじ、うまく説明できませんでしたので、気になる方はこちらをどうぞ。









見どころは、なんといっても豪華なキャストとその演技。そして、あたしの知らない昭和64年についても学べたってところかなあ。



まず、無知なあたしは昭和64年が7日間しかなかったということに驚いた。昭和63年が終わり、昭和64年に入って、たった7日で昭和の天皇陛下崩御されたということ。そのときの日本の様子。年明けだったので、開催されるイベントもすべて中止。お店が閉まったり、テレビはどのチャンネルを回してもそのニュースばかりで歌番組やバラエティ、ドラマもすべて姿を消すということは知っていたけれど、そのせいでレンタルビデオ屋さんは大繁盛したみたい。知らなかった。それは単純に考えればわかることなんだけれど、天皇陛下崩御されたことに関してよりも、自分の娯楽の方に興味があるというのは、なんだか昭和も今も変わらないような気がするな。


そして、来たる「平成」。書き初めのように墨で書かれた「平成」という文字を大スクリーンで目にして思ったことは、「この年号でなければ、Hey! Say! JUMPのグループ名は、なにJUMPになっていたんだろう」←呑気




そんなことは普段考えることがないから、この映画を観て考えさせられたことは他にもあったな。未解決事件って、他にもたくさんある。あたしは警察はすごいと思っているから、なぜ犯人を捜し当てることができないのだろうと常々思ってしまう。日本の警察は、世界のなかでも優秀だと言われている。けれど、あのときは昭和で、警察の捜査力や技術もまだ完全じゃなかったから、犯人が見つからなかったのかな。もちろん現在の捜査力が完全というわけではないけれど、昔に比べたらレベルは上がったはず。それでも犯人が捕まらないってことは、警察が無能なのか、それとも犯人が賢いのか、なんなのだろう。ほんとうに謎。それとも、もう事件が多すぎて、警察も捜査するはするけれど深くは突っ込まず、手が回ってないのかな、、、とかネガティヴなことを考えてしまう。日本に警察官って何人いるのだろう。足りてないのかな。





そして、キャストは佐藤浩市さん、榮倉奈々さん、綾野剛さんをはじめとする豪華な役者さんたち。夏川結衣さんや椎名桔平さん、窪田正孝くん、坂口健太郎くん、吉岡秀隆くんなどなど。



その中でも、あたしは瑛太が演じる記者クラブの秋川がとてもツボだった。



めちゃくちゃムカつくんですよ、記者クラブに属するメンバー全員。超イヤミったらしい。君たちはほんとうに大人なの?と問いたくなる。
佐藤浩市さん演じる三上という男が広報部に属してて、まあいろいろ対立すべき原因(記事には、被害者•加害者の名前を匿名で記載すべきか、本名を出すべきかなど)があって、広報部VS記者クラブみたいになってるんですよ。もうそんなのどうでもいいから、とりあえず事件解決しろと思うんですけどね、ええ。坂口健太郎くんの役も記者クラブの一員でイライラさせてくる役どころなんですけど、特に瑛太の役がめちゃくちゃムカつくんですよ。ほんとうイライラする。(笑)


でも、それでも、その瑛太の役はとてもよかった。イライラするけれど、やっぱり演技が誰よりもうまいし、迫力があって、気怠い感じも渋くてかっこいいなあと思うわけです。瑛太って、万能ですよね。ドラマ「最高の離婚」や「それでも、生きてゆく」、また映画では「アヒルと鴨のコインロッカー」や「余命1ヶ月の花嫁」は有名ですが、どちらも役どころがぜんぜん違う。どんな役をもこなせるんだなあと思います。「サマータイムマシン•ブルース」は特にすきで、あの瑛太の若かりし青くさい演技がキラリと光ってるなあと。と、まあ今回もかなり乱暴で捻くれたような新しい役を開拓した感じがあります。また、5月14日公開予定の阿部サダヲ主演の「殿、利息でござる!」という映画にも出るみたいです、観るつもりはないけれど。立て続けに映画に出演するとは、忙しいんだなあ。とりあえず、あの瑛太扮する記者クラブの秋川には弄ばれたい。言葉の暴力を受けても、あたしは屈しないから、とりあえず愛人にしてほしい。









もう完全に話が逸れましたが、とにかくお暇があれば、「64-ロクヨン- 前編」観に行ってほしいです!みんなの迫真の演技がほんとうに素晴らしくって、魅入ってしまいます。キャストも豪華なほで、力を入れてる映画なんだろうなあと感じ取れます。でも、「ロクヨン事件」についてだけをじっくり観たいという人は、つまらないと思うかもしれないです。結構、警察とマスコミ間のゴタゴタでの尺が長いから。最後の数分で、え?!なにこれ?!続編が気になる!という展開にはうまく持ち込んでた。とにかく胸がザワザワするうまい映画です。好みの偏りはあるかもしれないですが。


ちなみに後編は6月11日公開です。